スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

?・材料

2007/05/16 21:01
小論文を書く上で大事なことは、「いかに上手く資料を読むか」です。
資料もしくは提示文というのが問題中にあり、それを理解して
問題に沿った文章を書くというのが小論文の一般的な形式です。
(資料・提示文がないものもモチロンあります)

資料・提示文――ある一定の長さの文章。A4半分程度の長さのものもあれば
  一遍の物語であることもあり、新聞の一記事である場合もある。
  内容がつかみやすい物が多いので、気負わず読みましょう。
問題文――具体的にどういう小論文を書くべきなのかを示す文章。
  「提示文に即して、○○と◆◆について自分の考えを述べなさい」
  というものが多い。

なんでもやってみることが肝心です。
実際に私が書いた練習問題はこれ。


「菊池寛の書いた『形』という小説を読み、外見と中身について自分の考えを述べなさい。字数は600から1200字程度とする」


菊池寛の「形」はこちら
さぁ、読んでみましょう。何事もチャレンジです。

読むときに気をつけるのは、問題文にある「外見と中身」についての描写です。
どんな文章が書いてありますか? 外見と中身について、どんな関係がありますか?



読みましたか?

それでは今度はさらに詳しく読んでみることにしましょ。
続きをどうぞ。
[?・材料]の続きを読む
スポンサーサイト
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。