スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語の覚え方

2006/04/22 11:33
母国語として英語を覚える時(例えばアメリカ人)と
外国語として英語を覚える時とでは、人間の構造上、
根本的な差異がある。

ということらしいです。
赤ちゃんがどうやって言語を習得するのか、を英語で
研究したわけですが。

そもそも赤ちゃんが話すばぶーの音(英語でも
バブリングって言うんですよ。豆知識)は、世界共通
どこの国の赤ちゃんも同じ音・同じ発音をします。
つまり、ママとかぶぅぶとか言う「前」の段階では、
発音に大きな違いはないわけです。
だったらそこから英語なり日本語なりの言語体系が
できるのかというと、そうでもなく。
何故ならお腹のなかにいる時点で母親が話す言語の
イントネーションを聞いて、話すための下準備を
するから。
赤ちゃんのトレーニングは産まれる前から始まっていた!

ま、叶うわけないんすよ。ねいてぃぶに。

ただ。
注目すべきはこれ・ネイティブは話すことから学び
始める、ということ。
NOVAやら各種CDは同じ方針をとってますね。
確かに。本能と感覚で学びたい人には有効でしょう。
とりあえずなんでも口に出してみる。使える日常会話
みたいなのも使えるでしょう。
ちなみに松江はこちら。勘でしゃべる女。
文法ってなに?

そうでない方も、試してみる価値はあります。
まずは周りの友人全員に、私は英語を話すのよ! と
明確な意思表示をしましょう。
でないと、上司のづらが風でずれているときに
「Wow! How nice his hair is!!」
なんて言っても、ユーモアに見えないどころか
ただのいっちゃった系に見えますよ(笑)
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。